ハウスクリーニングに依頼してピカピカの部屋にしよう

プロによる掃除の効果

心身も健康になる

ウーマン

毎日家の中の掃除をしていても、気がつかないうちに汚れは付いてきます。見慣れた場所は、汚れすら気にならないくらい当たり前の様子になってしまうことがあります。吹田市でハウスクリーニングを利用すると、自分では気がつかなかった汚れが落ち、室内は生まれ変わります。汚れには、それぞれに合った落とし方があります。お風呂のカビや鏡についたカルキの成分など、汚れの原因は違います。吹田市のハウスクリーニングでは、そこに合う方法でクリーニングしていきます。磨き方や使う器具、洗剤など最適な清掃方法が分かるので、家の中が新品同様に生まれ変わる効果が高くなります。室内のカビや埃は、時にアレルギーを引き起こす原因になります。ハウスクリーニングで素人では手が届きにくい場所を掃除してもらうことで、健康を保つことにも繋がります。また一度頑固な汚れが落ちると、その後の掃除がとても楽になります。力を込めてこすらなくてもきれいになるので、美しさをキープできます。そういう中で生活をしていると、気持ちも明るくなります。人間は、環境から受ける影響が大きいものです。清々しい室内で過ごすことで、心も晴れやかになります。他にも、ハウスクリーニングではエアコンや換気扇といった設備の掃除ができます。機械の複雑な内部を専門知識のない人が掃除をすることは困難です。しかし吹田市のハウスクリーニング業者であれば、最適な用具と技術を使い、汚れを落とします。その結果、使用中の電気代は下がり、設備自体の寿命が伸びる効果もあります。このように吹田市でハウスクリーニングをすることで、家の中は生まれ変わり、住人の心身を健康に保てる良さがあります。

作業実績の確認が大切

内観

不幸にも家族や親族が事故や病気などで部屋で亡くなった時に、部屋の原状復帰のため清掃を特殊清掃と呼んでいます。たとえば、集合住宅で事故が起こってから時間が経過すると、異臭が充満して近隣から苦情になり通報されることとなります。その部屋の状態は、非常に悪く見た目は掃除しても、鼻をつく異臭は特別な処理をしないと住める状態にはもどりません。また、部屋に残る血液や体液は、感染症の危険があるので素手で触れることはできません。このような状況に遭遇した場合は、特殊清掃業者へ依頼しなければなりません。特殊清掃は、発見までの日数と状態や発見場所によって費用が大きく変わります。一般的には、軽微な場合で10万円前後から、体液や汚物処理、害虫駆除と消毒清掃費用などで50万円前後となります。ただし、清掃だけでは、異臭を消すことができませんので室内に置いてある家具などの撤去の必要がある場合もあります。この場合の費用は、遺品整理として別途の請求となり、特殊清掃と合わせると15万円から部屋の広さによっては100万円前後となります。また、賃貸物件の場合は、賃貸契約に基づいて管理会社より原状復帰としての費用を請求されることになります。特殊清掃の業者を選択する場合は、まずはすぐに対応が可能かどうかを確認することです。時間が経過すればするほど状況は悪くなる一方です。一刻も早く、外に漏れだす異臭の元を取り除く必要があります。したがって、消臭への特殊作業実績があることが確認のポイントです。特殊清掃の見積もりを、電話にて依頼する際に確認する必要があります。その後、見積もり金額で納得した場合は、正式契約を済ませ速やかに作業に着手してもらうことが大切です。

業者に頼む予算と流れ

女の人

特殊清掃とは一般的に変死や自殺、殺人、孤独死等の事故現場等の腐乱した遺体からダメージを受けた部屋の原状回復を目指す清掃のことです。賃貸を経営しているオーナー様や高齢のご家族が1人暮らししている方は誰しも心配する部分です。費用はかからないのが1番ですが、発見が遅れるにつれて遺体や食べ残しに群がる蛆や蠅に始まり、遺体から滲み出る体液の清掃も素人ではかなり厳しいものがあります。そこで業者を頼むことになりますが、特殊清掃の業者も全国に多数会社が存在します。会社によってどこまで清掃してくれるのかが違ってきますので充分に検討することが必要になってきます。見た目だけの原状回復なのか、きちんと臭いまでとってくれるのか、アフターフォローは設定されているか、慎重に検討する必要があります。当たり前にやってもらえると思い込んでいたことが行われないこともありますので、きちんと納得いくまで説明を受けてください。話し合いができない業者を選ぶと後から追加費用を支払う、特殊清掃を入れる期間が伸びる等のトラブルに繋がりますので注意してください。特殊清掃の費用相場は55,000円〜500,000円まで、現場の状況により振り幅があることが殆どですので、納得いく業者にお願いすることが最善に繋がるでしょう。また、特殊清掃の中に死臭処理が含まれない業者も多くありますので、その辺りの費用もあらかじめ確認するようにしましょう。現場をみていないにも関わらず、リフォームまで勧めてくる業者にも注意したほうが良いでしょう。高額費用請求に合わないよう、やりとりをきちんとしてくれる業者を選びましょう。